激安印刷について調べてみた

雑誌・書籍・パンフレット・チラシ等、印刷物に関する話をしますね。
雑誌類を印刷する際、出版社等が社内で印刷する例もありますが、実際のところ、専用の印刷業者に印刷を依頼する例の方が多いみたいです。
では皆様は、印刷業者に印刷を依頼する時、幾らくらいするか検討がつきますか?
白黒コピーが1枚10円ですから、皆様は、それくらいだと思いますよね。
本当のところ、世の中には1枚2円前後の激安印刷が存在しています。
白黒印刷に限らず、カラー印刷でも同じくらいか、高くても1枚3円前後です。
物価が急激に上昇していますが、印刷業界はまだまだ激安です。
激安印刷が成り立っている理由の1つに、紙が薄い点がありますね。
よく新聞に入っているチラシは紙が薄く、すぐ破れますが、その最大の理由は、費用を抑えるために紙を薄くしているからです。
そうそう、同じチラシが2枚、3枚と入っている場合がありますよね。
あれは、チラシ自体が薄いため、チラシを組み合わせる際、同時に2枚、3枚を組み合わせてしまうからです。
このように、依頼者の用途に合わせ、紙の厚さを薄くすることによって、印刷に必要な費用を下げ、そのぶん商品の価格に反映しているのです。
中には安く印刷するために、もう耐用年数が過ぎている印刷機を薄価で購入して動かしている例もありますよ。
しかしいくら激安印刷、1枚2円といっても、実際のところ、版を作るのに手間がかかるため、普通は枚数当たりの印刷料金の他に1,000円~2,000円前後必要になります。
100枚で1,200円、200枚で1,400円、大量に印刷すればするだけ割安になります。
ですから、雑誌や書籍を作成する際、大量に売れるように努力しているのは、印刷費用を下げるといった点もあるのです。
逆に少量を印刷する場合、版を作る必要が無いオンデマンド印刷をおすすめしますよ。
世の中にはビックリするような激安価格の印刷サービスがあるんですね。